家族みんなで飲んでいる黒酢にんにく卵黄サプリ

青汁と、黒酢にんにく卵黄は、私たち家族の元気の源です。

父が、60歳の若さで、大腸がんで他界しました。痛風で苦しんでいたこともありました。父は、野菜を取らず、肉食中心の生活を送っていました。
このことで、野菜は、体にとってとても重要だとつくづく考えさせられました。

 

それ以来、私も家族も、野菜を多く取り入れようとしてはいますが、なかなか、バランスよく野菜を摂取することはせきません。
私も、娘も、便秘がひどく、繊維質の多い野菜を食べる努力はしていますが、一向に改善されません。
そこで、知人の勧めもあって、青汁を飲んでみることにしました。なかなか溶けにくかったり、独特の苦みを感じたりしますが、牛乳に溶かしてみたり、いろいろと工夫をして飲んでみました。良薬は口に苦しとは、このことですね。私と娘の便秘も、少しずつ、改善されてきました。
でも、青汁だけ飲んでいれば、野菜不足は解消されるわけではありません。
うちでは、家族みんなで、少しでも健康でいられるように、朝起きたら、青汁を飲み、日々の食事の中で、少しでも多く野菜を摂取するように心がけています。

 

うちの家族がみんなで、飲んでいるサプリは、もう一つあります。黒酢にんにく卵黄です。
私も、子供たちも、冬だけでなく、暑い時期でも、手や足に冷えを感じて困っていました。特に、私と息子は、腰痛ヘルニアもあり、寒い季節になると、と神経痛に悩まされていました。主人も50歳を過ぎたころから、疲れが取れにくい体になり、困っていました。
黒酢にんにく卵黄を飲むことによって、身体の芯から温まるようになり、手や足もぽかぽかになり、神経痛に悩まされることもなくなりました。
歳のせいか疲れもなかな取れなかった主人も、からだが楽になってきたというようになりました。

 

青汁と、黒酢にんにく卵黄、私たち家族の元気の源です。